遺品整理は経験をしてみないとその大変さがわからないなどといわれていますが、大切な人が亡くなった直後は悲しみが大きいので遺品整理のことを考える余裕がないのが当たり前、このように考える人も多いといえましょう。ただ、遺品整理には始めるタイミングが他界した直後になることもある、例えば貸家に住んでいた人が他界したときには部屋の中をきれいに片づけて大家さんに返却しなければならないケースもあり、その時期が前倒しになることもゼロではないわけです。遺品整理業者に依頼することで、時期が前倒しになっても安心して部屋の中を片付けて貰うことができます。

核家族化が作り出した孤独死もあります

遺品整理の中でも孤独死による遺品の片づけは、始めるタイミングがいつになるのかなど考えていられないもの、家族の悲しみは病院で他界したもの以上になることもありますでしょうし、死後経過して発見などの場合では二次感染の影響もあるため特殊清掃や脱臭などの作業が求められます。そもそも孤独死が生じる原因の中には核家族化と呼ぶ、家族が分散した形でそれぞれの生活を送る点にあり遠方で生活を送っていた故人が他界したことで遺品整理業者への依頼が必要になることも少なくありません。

遠方に住んでいた身内が他界したときなど、仕事の都合で直ぐに対応が取れないこともあるかと思われますが、こんなときでも遺品整理業者が自らに代わり部屋の中の片づけを行って貰えるなど、遺品整理と呼ぶ作業は代行業者が行うケースが増えているようです。業者の数が多くなることでサービスの質も様々、比較なしに決めてしまうと料金が高額になってしまった、残して欲しい品物を伝えておいたけれども捨てられてしまったなどの経験をされた人も多いようです。貸家などでも多少の猶予はあるわけですから、対応する時期だけを考えるのではなく、安心して依頼することができる業者をじっくり比較しておくことをおすすめします。

生前整理は自らが行う遺品整理の一つです

遺品整理と聞くと身内が亡くなった後に行うものなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、長年生活を続けていると身の回りの品物が多くなってしまう、自分が死んだ後にこれらを整理するのは大変、家族に負担をかけてしまうなどの理由から生きている間に少しずつ片付ける、生前整理をする人も多くなっているといいます。永住型の老人ホームに入居する場合など生前整理をされる人が多いようですが、始めるタイミングは老人ホームに入居するか否かに関係なく使わないと思える品物が出て来た段階で行えば良いのです。

年末になると大掃除をされる人も多いかと思われますが、大掃除をすると今まで使わずにいた品物が収納の奥から見つかるケースも少なくありません。こんな品物があったのか、このように考えることもあるわけですが使わずにしまってあるものはこれから先も使うことがない、この時点でリサイクルショップに持って行けば家財道具を減らすことができるようになります。生前整理の場合は自らの意思で片付けることができるわけですから、家族への負担もかけることなくできるメリットもあります。最近は、買い取りを得意にしているお店が多くなっているので身の回りの品物を片付けては如何でしょうか。

始める時期は季節も考えておこう

家族が住む家の中で身内が他界した後に行われる遺品整理、専門業者に依頼をするとなると費用が高く付くなどの理由で自分達で作業を行うケースもあるのではないでしょうか。ただし、捨てるものをどのように処分するのかを考えたとき、自治体が窓口になっている粗大ゴミ回収と不用品回収のいずれかを利用する形になるなどからも、業者の力を借りることも必要になって来ます。

遺品整理を始める時期は、悲しみも落ち着いてからなどと考える人も多いかと思われますが、遺品整理業者を使う場合にも同じことがいえます。ある程度悲しみが落ち着き遺品を片付けながら故人を偲べば生前元気だった身内との思い出がよみがえる、その中で要るものと要らないものを区別することができるようになります。尚、始める時期の中には季節も考えておくのがおすすめ、真夏や真冬の季節よりも春などの時期を選んで始めることは気持ち的にも良い方向に向けることができる、何よりも暑さや寒さを感じることなく遺品整理ができるメリットもあります。ただし、春先は引越しシーズンなどからも回収業者も繁忙期を迎えますので、捨てるか否かの選択は春先に行っておいて回収自体はその後に行うのが良いでしょう。

まとめ

遺品整理には自ら行う方法と専門業者にすべてを任せる方法がありますが、大切な身内が所有していた遺品を片付けるので他人にはお願いしたくない、このように考える人も多いのではないでしょうか。身内が他界した直後は悲しみが強く遺品整理のことなど考える余裕がない、家族と暮らしていた場合には気持ちが落ち着いてからゆっくり時間をかけて行えば良いわけです。遺品整理業者を使う場合には、時期に関係なく作業依頼はできますが時間的に余裕があるときにはすぐに業者に依頼するのではなく、故人が残した品物を家族で整理、回収を専門業者に任せるのがおすすめです。

参照サイト
千葉で遺品整理にお困りの方へ
事前見積もり・追加料金なしで安心保障