実家が遠い場合の遺品整理を始める時期と注意点

開始時期は通常より一週間程度早めに始めることが大切

遺品整理をする実家が遠い場合は、完了予定から逆算して早めに着手する必要があります。
実家が一軒家で、そのまま身内が所有するのであれば問題ありませんが、他の人の手に渡る予定があったり、賃貸物件では引き渡し時期を確認したうえで期限に間に合うよう作業を開始します。
賃貸物件の明け渡しは前月までに申し出るのが普通ですが、原状回復や清掃に時間がかかることもあり、余裕を持って日程を組むことが大切です。近場と違い毎日通っての整理が不可能ですから、毎週末かもしくは一定の期間泊まり込みでの作業となります。
人数にもよりますが、ワンルームなど部屋数が少なければ片付けや清掃は概ね一週間程度、複数の部屋があり荷物が多い場合は、二週間から三週間程度は見ておきます。遺品整理専門の業者に依頼する場合、ワンルームなら予約や手続きも含めて二日程度で完了します。
仮に毎週末自分で遺品整理するのであれば、週に二日程度しか作業できませんから、ワンルームでも開始時期は約一ヶ月前が理想です。
賃貸物件は月を跨ぐと一ヶ月分余計に家賃を払う必要が生じるため、更に一週間程度余裕をもっておくと安心です。

実家が遠い場合の遺品整理は各種契約解除など事前準備も必要

遠方で遺品整理をする場合は、開始時期以外だけでなく事前準備も重要です。
自治体が変わるとゴミ出しルールも異なりますから、場所によっては指定のゴミ袋を自分で購入し、決められた曜日や時間帯にゴミを出さなければなりません。
燃えないゴミは収集する機会が少ないため、時期によっては運が悪いと滞在中収集日にぶつからないこともあり、この場合は廃品回収業者に依頼します。一度に大量のゴミ出しを禁止している自治体もありますから、事前の確認が必要です。
電気やガス、水道や固定電話などライフライン他の契約に関しても、必要であれば立ち会う日を決めておきます。
固定電話は故人が権利を持っていたのであれば、相続して自分の名義に変更することが可能ですが、各種書類に必要事項を記入し提出する必要があります。そのまま解約もできますが、早めに電話会社に連絡しておきましょう。
リサイクルショップの利用は出張サービスが楽ですが、大手は最低1ヶ月以上前までに予約しなければならない店舗もありますから、すぐに予約する必要があります。

まとめ

以上のように、実家が遠い場合の遺品整理は、余裕を持って開始するだけでなく移動前の事前準備が鍵を握ります。
もし実家の所在地が寒い地域であれば、冬に作業する場合は気温が下がり、ストーブが必要になることもありますが、先に遺品整理で不用品を処分してしまうと、遺品整理の際にストーブが無く体調を壊してしまう可能性があり注意が必要です。
これは夏のエアコンにも言えることですから、遠方での遺品整理は日程や自治体のルールだけでなく、作業環境にも気を配るよう注意しましょう。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required