自分の両親(祖母・祖父)の遺品整理を始めたい時期とオススメの整理方法

両親が残す遺品整理について

人間誰しも人生を終える時が来て、悲しいけれど大切な人とも別れなくてはならない時が来ます。例えそれが生まれた時から一番近い存在である親だとしてもです。残された遺族が行う事が遺品整理で、多くは一番近い身内である子供が中心となって行います。その別れはとても辛く悲しみで感情のコントロールが難しくてもやらなければないな事なので、予め遺品整理のポイントやコツは知っておくと良いでしょう。
まずみなさんが気になるのはタイミングですが、具体的に整理を始めても上手く片付かないとか進まないということがないようにそのコツをを知っておくのも必要です。ただ、親が遺品をどれだけ残していってしまうのかや、それがどのような物かと言った生前の環境や状況によっても労力や費用は変わりますが、基本的な事を把握していればある程度は片付けていくことが出来ます。一番悲しみが深いのに、それでも動かなければならないのが家族です。

遺品整理の時期とコツ

遺品整理にの時期ですが、法律やルールが決められているわけではありませんので、それぞれの事情に合わせて決めるて問題はありません。ただ、代表的な時期としては4つ挙げられます。まず、親族が集まるので話合いしやすいことから四十九日、精神的・時間的に余裕が出来た諸手続き完了後や自分の両親住居や持ち物の退去や撤去の期限が近いなら葬儀後あるいは死後10ヶ月以内に行うと決められている理由から相続税の申請期限前です。具体的に何をするかはそれぞれですが、大体の場合が避けられないのが不用品処分と遺品供養、不動産や金品の売買と遺産分割分割です。
上手く片付ける最大のコツは気持ちの整理を無理やりでもつける事です。深い悲しみは、やる気や行動力を減退させてしまうし生きた形跡を残したいが故捨てられないという事があるので、それを排除するには、親の死を哲学的かつ理論的な考え方で捉えます。後は、申請や撤去など時期に期限があることから片付ける、自分で処理できないものは業者や専門家に依頼、周囲の人に手伝ってもらうというのが整理方法の基本の柱です。

まとめ

自分の両親との別れを想像するのは嫌なものです。でも、その時を迎える前に遺品整理に対する基本の整理方法や死に対する捉え方を知っておけば別れの時が来てもきっと大丈夫です。また、期限の時期の優先これを基本にして遺品整理を進められるようにしておきます。更にどんな業者や専門家に依頼しそうかよある程度予測して、利用するところを検討しておきます。精神的に余裕がないときだと判断が謝ることがあるので、予め決めておくとより早くスムーズです。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required