両親の遺品整理を始める時期が決めづらい理由

両親の遺品整理は中々行えない事も少なくありません

一般的に、実家の遺品整理は四十九日の喪が明けた頃に始めるものです。しかし実際に遺品整理を進める事が出来ずに、放置されてケースもあります。
遺品整理を始めようと決めづらい理由としては2つ考えられます。一つは実家が遠方で、気になっていても日頃の忙しさの中で、中々行う事が出来ないと言う物理的な要素が強いケースです。
持ち家で放置していても費用が発生する訳でもなく、まだ先でも良いだろうと時期が延び延びになってしまう事が少なくないのです。
もう一つは、両親や家族の思い出が詰まった実家の色々な品物を処分するのが、どうしても精神的に出来ないと言うケースもあります。四十九日の喪が明け、遺品整理を行うべき時期だと始めたものの、思いが強すぎて、作業が進まないのです。
こうした理由は理解できますが、故人との思い出を大事にしつつも、故人の死を受け入れ、遺族が新しい人生のスタートを切る為に適時遺品整理を行う事は大切なのです。

遺品整理会社に依頼する事で後押ししてもらう事が出来ます

先に記載した様に、物理的な理由や精神的な理由で、遺品整理すべき時期に行えない場合には、遺品整理業者に依頼する事で、後押ししてもらう事が可能です。
物理的に中々遺品整理を始める事が決めづらい理由の場合には、実家の近く遺品整理会社に連絡して、日程を決め、週末の2日だけで一気に遺品整理を行うのが効果的と言えます。
意を決して日程を決め、業者さんにお願いする事で、ずるずると引き延ばしにする事を断ち切る事が出来るのです。
また精神的に遺品整理が中々進められないケースにも、遺族の気持ちを大切にしつつ、遺族に寄り添い遺品整理を進めてくれる専門業者に依頼する事で、精神的に後押ししてもらえます。
遺品整理を行う必要性は分かっていても進まない場合には、遺品整理業者に依頼して、物理的・精神的に後押ししてもらうのが効果的と言えるのです。
四十九日の喪が明ければ、放置せずに出来るだけ速やかに遺品整理して、新たな気持ちで人生のスタートを切りたいものです。

まとめ

遺品整理の時期は、四十九日の喪が明けた後、速やかに始めるのが一般的とされています。しかし遺品整理の開始をずるずると延ばし、中々決めづらい理由として、物理的なケースや精神的なケースが考えられます。
忙しさにかまけて、一日延ばしに放置してしまう物理的な理由や、思い入れが強すぎて、知らぬ間に時期を延び延びにしていまってる精神的な理由が、遺品整理が適時行えない理由として多いのです。
そんな時には、遺品整理業者に依頼する事で、物理的・精神的に後押ししてもらうのが有効と言えます。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required